胡蝶蘭の魅力

胡蝶蘭は、子供の頃はあまりに立派で高そうで、自分や自分の家とは関係の無い花と思っていました。実際私の実家に胡蝶蘭が贈られてきたことも無かったですし、親が自分で買ってきて飾っていたこともなかったです。

そんな私が胡蝶蘭を見るのは、テレビで政治家の部屋を見るか、どこかのお店で飾られているのを見る位でした。
もちろん、花屋さんでも見かけましたが・・・。

私が胡蝶蘭を急に身近に感じたのは、バブルも弾けて大分経った頃のことです。
私の両親が金婚式を迎えたのですが、そのお祝いは金婚式当日より後の日曜日だったので、当日に何もないのも寂しいだろうと思い、その時頭に浮かんだのが胡蝶蘭でした。

自分とはかけ離れた花、憧れの花だった胡蝶蘭も普通の花屋さんでも2万円台で売っています。随分手頃な値段になったものだと驚きましたが、その時はネットを思いつかなかったので、花屋さんを3,4軒回り、その中で決めました。

本当は白の花で、花の中心が濃いピンクの胡蝶蘭が好きだったのですが、それはどのお店でも取り寄せになるという事だったので、あるお店で見たピンクの胡蝶蘭を贈ることにしました。
老夫婦二人で暮らしていますから、明るい色の方が良いと思ったのです。

3本立ちでもピンクはやはり華やかで良かったと思いました。ラッピングは金婚式なのでゴールドを基調にとお願いしました。

届いた日、母から早速電話があり、「まぁ、こんな立派な、ステキな胡蝶蘭をありがとう」と喜んでもらえました。
父は昔の人なので、胡蝶蘭の相場も昔と同じと考えたのか、「10万円くらいしたんじゃないか」と心配?したようです。

でも、実家の応接間に飾った写メを送ってくれましたが、とても華やかで豪華なので、贈って良かったと思いました。

胡蝶蘭の魅力は、大きな花で豪華なのに、とても可愛らしさを感じるところです。
会社の社長室や政治家の部屋、お店がオープンした時など、胡蝶蘭の数でその人やお店の人気がわかる位、胡蝶蘭はその人のステータスを表す花でもあると思います。

形も詳しいことはわかりませんが、大きな花びらが1枚というのも堂々としていて、豪華さを醸し出していると思います。
でも、思わず撫でてしまいたくなるような可愛らしさがあります。私の好きな中心が濃いピンクの花は豪華さよりも私は可愛らしさを感じます。
それで、義弟が家を買った時も可愛らしく、しかも中心のピンクが華やかなので、お祝いにピッタリだと思って贈りました。

また、子供達の進学などでお祝い金を両親から沢山もらった時などは、胡蝶蘭は3万円の物も5万円の物もありますから、お返しに丁度良い金額なのです。
夫の両親は君子欄をはじめ、花を育てるのが好きですが、一度5本立ちの胡蝶蘭を内祝いで送った時は「これは見事だ」ととても喜んでもらえました。

また、夫が昇進した時には2人の方から胡蝶蘭を頂きました。それは職場に飾っていましたが、枯れ始めた時家に持ってきましたが、黄色と白の胡蝶蘭で、それからもしばらく咲いていてくれました。
うちにも胡蝶蘭が来た!と、とても嬉しかったです。

今ではネットでと8000円、1万円から2本立ち、3本立ちが送料無料で買えます。
そして、ネットならいつでも白で真ん中がピンクの、可愛らしい私が大好きな胡蝶蘭が注文出来るので、重宝しています。

 

おすすめのサイト

胡蝶蘭の通販サイト-幸福の胡蝶蘭屋さん