新築祝いに胡蝶蘭を贈る際は、相手に確認してからの方が良いかもしれない

新築祝いを贈るタイミングですが、基本的には新築が完成した時後に新築に招待された場合に贈ります。できれば、新築に招かれる新築披露の時までに届くように送るのがマナーです。他の人と被らないように、直接新築を建てた友人に希望を聞いてみたり、実際に新築を見てみて必要そうなものなどを決めることもあるようです。せっかく贈るものですから、ほかの友人が贈ったものと被ってしまうことだけは避けたいものです。同じものが複数贈られてきた時ほど、相手側として困ることはないと思います。そうならないためにも友人同士で連絡を取ったり、直接相手に確認したほうが無難なのだと思います。品物としては、昔は重箱や食器入れといったものが良いとされていたようですが、絵画や置物、胡蝶蘭といった花の贈りものでも良いでしょう。ただし、灰皿やキャンドル、ランプなど「火」を連想させるものは避けたほうが良いでしょう。あまり、そうした連想を気にしない友人であれば、本人に確認した上で贈るのは良いかもしれませんが、せっかくの新築祝いですので、良い印象を与えるものを贈る方が良いでしょう。また、商品券や現金も喜ばれます。「何が欲しい」と聞かれてもどうしても言いにくい時もあるでしょうし、欲しいものはあるけれど新築祝いとしては高額になってしまい頼めないといったものもあるかもしれません。そうした時に現金だと使い勝手も良いでしょう。胡蝶蘭などのお花を贈る場合は花の置き場もあると思うので、相手に確認したり、実際に新築披露の際に、内装の様子を確認してから贈ると良いと思います。